カテゴリ:ソフィー( 6 )

 

3回目の命日

19日でソフィーが旅立ち3ヶ月がたちました
なんの問題も起こさない、ただただ従順で大きな赤ちゃんで、優しい子でした
c0200153_531561.jpg


春には子犬が来る予定ですが、ソフィーはずっと私たち家族の心のなかにいます
[PR]

by sayuri_decky | 2010-01-19 05:00 | ソフィー  

サポートグループ


今日は初めて、ペットロスのサポートグループに参加してみた。
ソフィーがなくなったペンシルヴァニア大学の動物病院が無料で
隔週でしているペットロスを乗り越える人のためのグループだ

サポートグループは初めてだったのでちょっと緊張
中年の女性が5人と、おばあちゃんが一人、お父さんと息子さんのペア、
ペットロス専門のソーシャルワーカーと彼女のアシスタント、予想より小さい
グループでよかった

前この近くに住んでいたとき、ソフィーの体重をはかりに
よくきていた大きな動物用の体重計が目に入ってしまい、
グループが始まるまえから涙が止まらなくなってしまった

そんなボロボロな私を気遣ってか、グループはわたしの
話から始まり、ソフィーの話をみんなとシェアし、みなとても温かかった
犬が死んだだけでしょ?と言われたこともあったけど
わたしや夫と同じように家族の死と同じ悲しみを感じている
ひとたちとストーリーをシェアしあうのはとても効果的だとおもった

なかには、子供のようにおもっていた猫ちゃんが獣医の医療ミスによって
死んでしまい醜い裁判に苦しんだ女性、病気をみつけてあげられなくて
後悔の念にかられた女性もいた 
中にはこのグループに長く参加し、一年たってやっと新しい家族を
貰い受けてまた笑顔になれたという人もいた 
わたしたちにもそんな日がくるのだろうか

今度は話下手な夫も一緒に来てくれるといいなとおもう
[PR]

by sayuri_decky | 2009-11-24 13:22 | ソフィー  

命日


11月19日
今日でソフィーが天国へ旅立ってちょうど一ヶ月
私も夫も、ゆっくりで苦しい毎日を送り
まだまだソフィーがいないのが変な気分

動物病院が虹の橋という詩をくれたっけ

病んだものは元気を取り戻し、怪我はすっかりよくなって、
老いたものは若さをみなぎらせ、動物たちは虹の橋へ走っていく
そこには空腹も病気も老いもない、
動物たちはみんな自由に走り回り幸せに満ち溢れる永遠の時間
一匹がふと立ち止まり何かをみつけた
全速力で走っていたその先には
なつかしい飼い主の姿
もう別れのない永遠の再会 
いつかみな虹の橋でまた出会う


死から学ぶレッスンは苦くて痛くて真っ暗で終わりがないようにさえおもえる
でもソフィーの一生をずっと心に残して
精一杯生きていくからね

c0200153_1023253.jpg

[PR]

by sayuri_decky | 2009-11-19 13:25 | ソフィー  

ソフィーは天国に行きました


まだ突然のことで信じられない

月曜の朝、立てずに苦しんでいるソフィーを発見。急いで動物病院へ。

脾臓破裂、ガン、呼吸ができない、苦痛、手術に耐えられないだろう

獣医の言葉が本当にソフィーのことを話しているのかと思うくらい突然の体調の変化だった

なんでガンがあるって気づけなかったんだろう、あの下痢も、そのせいだったの?

脾臓のガンは手遅れになるまで気づかないのがほとんとだから何もできなかったのは

あたりまえ 獣医になだめられてもまだ 何かできたんじゃないかと自問自答しつづけた


家族に電話、ソフィーを数年飼っていた友人のニキがすぐかけつけてくれた。

恐怖と不安にあふれたソフィーの顔が、私と夫とニキに抱きしめられて

やさしいいつものソフィーの顔になった。

重い頭をゆっくり上げて、私のひざの上に頭をのせて私の顔を見上げた

もう行くね そういわれているみたいだった。 


午後一時過ぎ、獣医が最後の安楽死の薬を注入、眠るようにソフィーは逝ってしまった

前夜、新しい首輪をつけて散歩したのに、大きな骨をおいしそうに食べていたのに、

あんなに元気だったのに



朝起きたらソフィーがベットルームから出てくるんじゃないかと現実を疑いたかった。

ソフィーのいないこのアパートが空っぽに思える


いつも私を守ってくれたね、

アメリカに戻ってくるまで待っててくれたんだね

私のフィリーでの生活を本当に幸せなものにしてくれてありがとう

ソフィーはいつも私たちの最高の家族

http://www.youtube.com/watch?v=dQuFoCrgniw
夫がソフィーのビデオをYOUTUBEに載せました。彼女の最初で最後の映像でした

c0200153_4544520.jpg

[PR]

by sayuri_decky | 2009-10-21 01:22 | ソフィー  

コロンブスデイの災難

月曜日はコロンブスデイ。祝日だけど働く人がほとんどな中途半端な祝日。

週末からソフィーは嘔吐と下痢を繰り返し、たまたま休みだった夫と外にいたら
大量の血便。あわてて私は獣医に電話、必死に頼んだら当日診てくれることになった。

夫はネットで大腸がんやパルボウィルスだの最悪の結果を検索して頭をかかえ、
こういうときって女性は現実的になるのか私と義母は結果を聞くまでは涙は無駄よと冷静。

夕方夫と来るまで30分くらいの獣医へ。胃腸が腫れているけど顔は元気そうだから
薬で様子を見ようといわれた。お金儲けな獣医がたくさんいる中、この獣医さん
(Mayfair animal clinic) は無駄な検査や手術はしない主義な良心的な獣医。
下痢止めの注射を打ってもらい、薬をもらって診察は終わりになった。

元気になるといいんだけど。。。
[PR]

by sayuri_decky | 2009-10-12 04:35 | ソフィー  

Daddy's girl

ソフィーは夫にべったり
c0200153_4124645.jpg

[PR]

by sayuri_decky | 2009-10-06 04:09 | ソフィー